ネイチャーアクアリウム的生活

照度検証 グリーングロウのインバータ化

グリーングロウをインバータ化し、どのように性能アップしたのかを検証しました。
インバータ化し、みんなが一番期待するのは明るくなるのではないか?ということではないでしょうか?


b0142115_5433538.jpg


今回は、ちょっと面倒でしたが、写真の露出計を使い照度を算出しました。
ADAのは、アナログすぎて、こういうきちっとした検証には向きません。
針がブルブルぶれてたし・・・



・・・ということで、前回の記事の最後で、こちらのブログで検証結果を発表と書いたのですが、都合によりHPの方にアップしましたので、そちらへどうぞ。(表をブログにアップしづらかったのですw)

検証結果


照度の検証で、インバータ化が有効なことはわかったのですが、それにしてもテクニカのライトは、恐ろしく明るいんですね。

ただ、テクニカの蛍光管に関しては、ちょっと疑問が残りました。
インバータだと、使用期間が長くなっても照度が落ちにくいんでしょうか?
もしくは、テクニカの蛍光管は照度が低下しない(しにくい)?
もしそうではなかったとしたら・・・・

検証結果にも最後に、問題点としてあげてますが、中国製の新品の蛍光管はちょっと暗いのではないか・・・

チャームで、3本組の特価品だったので、暗いんでしょうか?
中国製だから特価品に?パッケージも簡易包装だったし・・・・。
そこが一番疑わしいなと思ってます。

暗いというのは言い過ぎかもしれませんが、新品なのに使い古しの蛍光灯と同じ照度というのは、おかしくないですかねぇ・・・

なんか、変なところで疑問がでてきてしまいました。




中国製と書かれると、イマイチ・・・・・・ポチッとな!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ



新規リンク募集中!! 初心者熱烈歓迎!! 


b0142115_16561218.jpg <copyrighted by ANL>
[PR]

by natureaquarium | 2009-10-29 20:46 | 誰デキ
<< 話題沸騰?流量メーターとアホメーター 誰できシリーズ特大号!! グリ... >>