ネイチャーアクアリウム的生活

<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


手直し・・一人石組チャレンジ<石の置き方による印象の違い>

昨日の続き・・・気になったので、朝起きるなり石を配置し直しました。

ネイチャーアクアリウムで行われる石組は、石組そのものに動的な印象を与えるものが多いと思います。それが自然な水の流れや迫力という表現力を与えるものになっています。
これらは直感的な印象なので、非常にわかりやすく、多くの人に共感を与え感動を呼ぶものになっているとおもいます。

これが初めの石組。
上記の講釈がこの水景で表現できているとは思いませんが、それを意識して作った石組です。

最近の傾向から見ると、これでもおとなしめだと思います。

b0142115_68562.jpg


さて、この配石を、使っている石をそのままにして、親石の角度を変えて静的な印象の石組にしてみました。

b0142115_6203957.jpg


使った親石が平べったい石だったので、まとまりがつかなくなって、少し散漫な印象がありますね。
動的な印象の石組を作るために少し大きめの石を使っているので、親石以外の副石や添石が少し大きすぎて、これもまとまりにくい原因になってますね。

で、あんまりに気になったので、再度配石し直しました。

それがこちら。

b0142115_6254875.jpg


小石(捨て石)を2つ抜きました。
すべての石組で使用している石は全く同じものです。
配石を変えるだけで、だいぶ違った印象の石組になりますね。

静的な印象の石組は、動的なものと違い、インパクトに欠けるところがあるかもしれませんが、見ていて飽きることがありません。
派手な色合いの広告写真は、ぱっと目を引きますが、落ち着いた色合いの風景写真は、見ていて飽きることがありません。

それと同じようなことが石組にも言えると思います。

禅寺の石庭の配石は、この静的な印象を与える配石が多く、その前に座ると時の流れを忘れて鑑賞することができます。

しかし、この静的な印象の配石は、石の気勢を踏まえた上で行わないと、非常に散漫な石組となりまとまりのない人為的な配石に陥りやすいので、難易度は高いです。

これを石庭としてではなく、水景としてまとめるのは至難の業ですね。


<<次回以降予告>>
先日、京都の代表的な石庭、隠れ家的石庭を計4カ所回ってきましたので、そのレポも兼ねて、実際の石庭から水景へのヒントを探っていきたいと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-27 06:42 | 水景

一人石組チャレンジ<石の置き方による印象の違い>

使いにくい石を親石に選んで、石組を組んでみました。

だいたい親石というと、ゴツゴツしてて、特徴のあるそれなりの大きさの石をえらびますが、今回は平べったくあまり特徴のない石を選んでみました。

唯一のくぼみを前面にして、斜めに配石することで、海岸の斜めに切り立つ石を演出してみました。
底床が浅いので、うまく刺さらず少し立ち気味ですが、もうちょっと寝かしても良いかもしれませんね。

b0142115_21561648.jpg


水景、特にコンテスト出品に限って言えば、一方向からの鑑賞を考えればいいので、どんな形の悪い石でも置きようによっては、水景に使える面があるように思います。

この石組は、もちろんネイチャーっぽくなるように配石した石組です。

では、これに使った石をそのまま使って、動的な印象の石組を、静的な印象の石組みに変えたいと思います。

b0142115_2204266.jpg


使っている石は、全く同じです。親石も同じ石をつかってます。
なるべく主要な石の配置は変えないで、置く方向だけ変えてます。

写真にしてみるとまだ洗練されてない感じで、散漫な印象がありますね。
明日もう一度、石の引き算をして、練り直してみたいと思います。

とりあえず、石組チャレンジに出場したことを考えて、勝手に30分制限設けてやってみました。

石選びから初めの石組作って写真撮って、2つ目の画像の石組に作り直して写真撮り終えたところで、約20分程度でした。

まぁまぁの時間配分かなぁ・・・出場したこと無いのでわかりません。



石組の無限の可能性にチャレンジ!! ポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-26 22:17 | 水景

本当はやってみたい水景・・・その1

ずっとコンテストを意識してやってるので、本当に自分のやりたい事と違うことをやってしまったりします。
ちょっとでも審査員受けするものを・・・なんて変な色気出して、撃沈だったりします。

せっかくトレーニング水槽をセットしたので、本当はやってみたい水景(特に石組)をこのカテゴリで(勝手に)発表します。<水景カテゴリ追加記念!!>

b0142115_63818100.jpg


私の本来の美意識から言うと、水槽の大きさに対して使用したい石の大きさはこんな程度です。
空間を大きくとりたい。

天野さんの水景を見慣れた皆さんには、なんか間抜けな感じがするかもしれませんが、これが正直な気持ちです。
多種多様な水草は植えられませんね。

さて、ここで撮影画像をみて、石の引き算をします。

引き算した結果がこちら  ↓↓↓

b0142115_6412183.jpg


いかがでしょうか?

植える水草は、石の周り盛り土したあたりはテネルス+レッドテネルス、周辺広範囲にショートヘアーグラス。
後景所々にヘアーグラス。
泳ぐ魚は、ブルーアイラスボラ28尾。
題名「寂相」

空間を広く取って、静寂の時を楽しみます。



ありきたりの石組に喝~~~っつ!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-21 06:48 | 水景

ELOS UFO 降臨!!

先日、水槽台自作により、久しぶりに本来の目的で使用されることになった75cm石組用オリジナル水槽。(以下75水槽)
 
水を回してましたが、それじゃあ芸がないので、屋外に作っていた石組トレーニング場がちょうどつぶれてしまったので、75水槽をトレーニング場にすることにしました。

それで、底床を入れ、上からのライトをセットしました。

b0142115_78327.jpg


底床はセラミックソイル・・・メーカー失念。使い回しなので、もしかするとブレンドかも。
セラミック系の底床は、石を並べて遊ぶのに最適ですね。

洗ってから入れたのでべちゃべちゃ・・・しばらく乾かします。

ライトは、知る人ぞ知る「ELOS」ブランドのメタハラ。
その名も「Elos AquaPlanet」・・通称「U・F・O」。
イタリアものは、デザインがCOOL!!

ちょうど一灯でまかなうのにギリギリのサイズ、ジャストフィットです。
ADA製品と並べても違和感なし・・と自分では思っている。


ELOSやっぱりカッコええなぁ~ぽちっとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-20 07:24 | NA的生活

アピストの動画

動画にちょっとハマってます。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-19 08:21 | NA的生活

動画が使えたとは・・・テスト

今頃になって気づきました。
犬のことを書いてるアメバブログでは、よくアップしてたのですが、ここでもできるんですね。

こりゃ、なんか使えそう・・・石組制作中継でもしましょうか?
なにがいいでしょう?



とりあえず水面の映像でも・・・

テスト映像でした・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-18 05:29 | NA的生活

水槽台を作ります?

皆さんまだパーチーの余韻に浸っているでしょうが、不甲斐ない成績で来期への挑戦がすでに始まっている私には、無縁のこと。

さて、120センチ水槽の状況が落ち着いて(一時はどうなるかと思いましたが)、ふと見ると部屋にすっぽりと空きがある。

元々は、120センチを上下にせずに1本ずつレイアウトしようと思っていただけに、十分な空間的余裕があります。
こういう空間を見ると水槽を置きたくなるのがアクアリストのサガ。

ということで・・・ん?そういえばあの水槽が余っていた・・・

b0142115_20265297.jpg


なんですか?こりは・・・物置と化してますが、この水槽は実はオーダーメイドのフチなしガラス水槽。

サイズは、750×400×400・・・正面から見て水面高と横幅が黄金比率よりワイドになるサイズ。奥行きは、配石をしやすい余裕のある奥行き。
ということで、これは石組み専用に作った水槽です。

完全に有るのを忘れて、モノ入れにしていました。それもほとんど屋外のようなところで・・・。

ということで、こいつを久々に引っ張り出して、楽しもうかという今回の趣向です。

で、先日、勝尾寺からの帰りにちゃっかりとアクアテイラーズへ寄って、水槽台を買おうと思ったのですが、75センチの水槽台は在庫なし・・・ADAやDoaquaに限らずどこのメーカーも。

ひとつ気になったのは、ただいま開発中のテイラーズオリジナル水槽。
でも、まだ開発中ということで、今回は既製品を買うのを見送りました。
でも、このオリジナル水槽、なかなかいいですよ。(ただしプロトタイプ)
プロトタイプはおもしろいデザインでしたが、実際売り出すのはADA風になるとのこと。
お客さんの意見を取り入れてということでしたが、みんなADAに傾倒しすぎてないですか?
なんだか水槽台や、水槽に個性が無くなってきてますよ。
ショップもせっかくオリジナル出すのだから、思い切ったオリジナルデザインの水槽台にすればいいのに・・と思いました。

そこで・・・D.I.Y.

b0142115_20374886.jpg


今回は、ホームセンターでカットもしてもらいました。
設計図は頭にあるので、寸法言って直線カット1回10円。計7回=70円
材料費は、SPF2×4材1810mm 6本 1440円

ネジは、家にあるモノを再利用。
その他資材も家にあるモノを再利用。

ということで、1510円にて水槽台を作ります。

b0142115_2042794.jpg


だいたい、できました。所要時間30分。
途中インパクトドライバーのバッテリーが切れて、充電しながらだったのでちょっと時間かかりました。

水平とるのが難しいのですが、水槽をひっくり返して、そこに板を並べネジ止めしていくときっちりと水平になります。
後は経験と勘の目分量。

b0142115_20443772.jpg

わたしの場合は、このサイズまでなら必ずコロコロを付けます。
これは撮影時に動かすためと直置きしないためです。
直置きすると、水で濡れたりするとカビ生えたり、気持ち悪いので嫌なのです。

b0142115_20465020.jpg

次は、水槽の接地面に滑り止めラバーをボンド付け。
これでかなり滑り落ちにくくなります。

b0142115_20482652.jpg

では、注水しましょう。
満水近くまで注水して、水平を確かめます。

b0142115_2050436.jpg

四隅の水面とガラスの端との距離を測ります。
誤差は1mm以内でしたので、これで十分でしょう。
修正作業は必要なかったので、これで完全にできあがりです。

今回は、塗装しません。
腐ったりするまで使うつもり無いので、これで十分です。
この2×4材は、松なので松ヤニで少しは防水の役割もあるかと思ってます。(素人判断です)

b0142115_20524329.jpg


一応フィルターをセットして、水を回しておきます。

以上、今回は75センチのオーダーメイドサイズの水槽台を1510円で作りました。

水槽バカのやることは真似しないように・・・・何かあっても責任もてません。


こんな水槽欲しいよ~作ってみたいよ~いや、やっぱりいらないよ~って人はポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-15 21:09 | NA的生活

皆さんがパーチー気分のその内に・・・

皆さんがADAのパーチーを楽しみにして浮き足立ってるそのスキに・・・

b0142115_6553440.jpg


西国23番札所・・勝尾寺(かつおうじ)

勝王寺・・時の帝よりこのお寺の祈祷力の方が勝っていたという勝ち運に由緒あるお寺

ちょうど仕事で前を通りかかったので、これも何かのご縁。
ぐっふっふ・・・来年の必勝祈願!!

さすがに広大な作りのお寺です。

b0142115_704825.jpg

合成しようと思って撮った写真じゃなかったもので、ちょっとちぐはぐな部分ありますが、だいたいこんな感じの景色です。

で、いきなり目に飛び込んできたのは・・・

b0142115_722856.jpg

ひゃ~割れ石に立派な木が・・・こういうのを水景に取り入れられないか?

b0142115_74524.jpg

この池で一番目だつ石です。
ボコボコ感がたまらない!!

池を渡る橋左側は石組で水を流し、定期的に噴水が出ます。
b0142115_754621.jpg


あとで分かったのですが、この橋の下から霧が出る仕組みになっていて、何とも幻想的な雰囲気が漂います。
この世とあの世の境を表しているのでしょう。
b0142115_782051.jpg


山間に建てられているお寺なので、階段が続きます。
左右に紅葉がキレイになりそうな樹木が茂っていて、もうしばらくしてから来ると一段ときれいな風景が広がっていることと思います。
b0142115_8183695.jpg


b0142115_819112.jpg 勝ちダルマ
 是非ともグランプリを獲って、ここにダルマを奉納したいものです。
グランプリ獲ったならば、いくつでも奉納しますがな~

威風堂々とした本堂に到着。
b0142115_8203869.jpg


一通りのお願いをして、おみやげのダルマみくじを買い、本堂を後にします・・・と、振り返るとこんなものが。

b0142115_8232938.jpg

なぜか撞きたくなる大きな鐘。
専門用語で、大梵鐘。
う~~~ん、今年厄年だし、撞いてみるかなぁ。
ということで、ご~~~ん~~~~~ガチ

ガチッというのは、勢い余って棒が再度鐘に当たってしまったので・・・。

さぁ~~って、やることやったし境内散策しながら帰るかな・・・っと。
ん?
あるある・・・石組庭園!!

b0142115_8275426.jpg


もうちょっとアップで

b0142115_8282011.jpg


3尊石組になるでしょうか?
おそらく仏教の世界観を表しているのでしょう。
こちらは法然上人ゆかりなので、阿弥陀様を中心とした浄土観かも・・・。

使用されている石は、古い境内に使用されていた敷石が使われているようです。
白砂を敷かず石畳での石組っていうのは、珍しいですね。

組み方そのものは、造園業者のありがちな手法なので、そのまま水景に取り入れる事はできませんが、こういった石組を見て、どういう意図で作られているのか、主要な石組だけでなく周辺にちりばめられている石にはどういう意図があるのか等、感性を鍛えるのには非常に良い題材です。

ここで立ち止まること数十分・・・他の参拝者は次々と素通りしています。

さて、頭と体を使ったので、腹が減りました。
茶屋に入ると・・・

b0142115_840546.jpg


勝尾寺の「勝」カレー・・・ってことらしくって・・・

b0142115_8404179.jpg


席に着いたら7番!!

b0142115_841194.jpg


い・た・だ・き・ま・す!!!

勝尾寺の勝カレーを勝勝(がつがつ)と食べ切って、勝った気分で勝尾寺を後にしました。

さて、この御利益が来年のコンテストにどう反映されるやら?

勝ち運にあやかりたい人はポチっとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-12 08:47 | NA的生活

またもや衝撃映像・・・

小便水槽から数日経ち・・いよいよメイン水槽をカラにします。

b0142115_20113937.jpg


まずはレイアウト素材の八海石を取り出します。

b0142115_2012224.jpg


120センチの石組にしては、数が少ないのでは?・・・と思われた方もいるかもしれません。
最近、ごってごってに石を入れて、石組レイアウトだとしている水景をよく見かけますが、私のポリシーは、最小限の石で情景を作る事としています。

石組は、加算ではなく減算することで、水景の広がりと空間の懐につながると思っています。
減算で作られた石組には、静寂感が現れ、禅的な空間を演出できます。

只、それを行うには、基本的な親石の配置をしっかりと行う必要があり、それだけでも全体的な水景のイメージを明確に表さなければならないという制約があるので、非常に難しい作業になります。

石を継ぎ足し継ぎ足しして作っていく水景とは真逆・・・というか、それを通り越したところにある水景というべきか・・・

長くなるので、この辺で・・・・ま、世界大会にはあんまり役に立ちません。
外国人には、評価しにくい水景のようです・・・天野さんに言われました。
続けていけば、いつかわかってくれるよ・・・と。

さてさて・・・・

b0142115_20342710.jpg


木酢と水をバケツに入れてます。

b0142115_2035270.jpg


b0142115_20351788.jpg


レイアウト素材の石を木酢溶液に漬けておきます。
大きな石は、溶液を浸した雑巾で拭いておきます。

これで、次ぎに使うときには、元のきれいな状態でセットできます。
レイアウト初期のコケの出やすい時期にも、コケが付きにくくなります。

処理を終えた石は、素材置き場八海石コーナーに次の出番まで放置プレイ。

b0142115_20372036.jpg


石の処理が終わったので、次はアマゾニアを撤去します・・・・

ぐわぇぇぇぇ~~~~やっちまったぁ~~~~

b0142115_2055650.jpg


バケツの取っ手が折れました・・・やはり100均のバケツは壊れやすい。

これが高級絨毯の上だったら、畳の上だったら、嫁の目の前だったら・・・・ん?なんかこの間もそんなこと言ってたような・・・1度やる人間は2度やります。
そして必ず3度やります・・・だから水槽小屋に隔離されました。

何とか収拾がつき、水槽が空っぽになりました。

b0142115_2043095.jpg


ひどいコケまみれのガラス面だったので、擦っても落ちないものがたくさんあります。
それで、リセット時の儀式。
「水槽丸ごとハイター漬け」決行!!

b0142115_2045334.jpg


満水になりましたので、これでとりあえず丸一日放置します。
傷の中に入り込んだコケや、水槽角のコケ、汚れなど、キレイに取れます。

b0142115_20464249.jpg


本当に、ソイルこぼすにも程がある・・・あぁ~疲れたb~



ぽちぽちっとなぁ~
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-09 20:53 | NA的生活

小便水槽 改め ストック水槽

補修後、注水してから丸2日が経ちました。

水漏れは一切無く、しばらくはまだこの水槽使えそうです。

ただし、くれぐれもマンション住まいの方やリビングなど家族共有の場でアクアを楽しんでいる方は、こういう場合は即座に買い換えて下さい。
真似しないで下さい・・・って、そんなことはわかってるか。

さて、とりあえずメインで使ってた上の水槽は、片づけた水槽の水草も入っていて、ごちゃごちゃしてます。

b0142115_70479.jpg


これらを小便水槽改めストック水槽へと移します。

b0142115_71288.jpg


スッキリして、一昨年組んだ石組が姿を現しました。
八海石です。
この石組、今ではソイルに埋もれてますが、お気に入りだったので引っ張ってました。
只、石組自体は自信があったものの、水草の育成に性根が入らず結果惨敗。
今回もこの石組を基本ベースに流木を入れて、望んだんですが、結果やはり水草育成に性根が入らず、別水槽でおざなりの水景で惨敗。

でも、今見てもしっとり落ち着きのある石組で、見ていて飽きません。
自分で作ってそういうのも珍しいので、これはまたいつかリベンジしたいと思います。

さて、ストック水槽へ水草移して、どうなったか・・・・・

b0142115_763791.jpg


アハハ・・・それなりに水草やら活着流木やら置いてみました。
ちょっとシンメトリー気味ですが、これはこれで底床あれば出品しても良いかも・・・来年は最悪これで・・・

えぇ~これらの写真の2日後。(リアルタイムの状況です)

上の水槽↓↓↓
b0142115_791641.jpg


下の水槽↓↓↓
b0142115_795359.jpg


全景です。

b0142115_7101454.jpg


水が落ち着いてきて、上の水槽はアマゾニアの着色がまた出てきてます。
下の水槽は、水草も落ち着いてきて、魚も元気に泳いでいて、ストック水槽だと思うと気楽に見てられます。

さて、今後どうしていきましょうか・・・??

ランキング是非どうぞ、清き一票お願いいたします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]

by natureaquarium | 2008-09-08 07:15 | NA的生活