ネイチャーアクアリウム的生活

カテゴリ:AISレイアウト( 4 )


アクアインテリアスタジオ・レイアウト 最終話~永遠なれ~

今回は長いです。画像多いです。
レイアウト画像は全て店長M氏の撮影。

以下のような変遷でレイアウトが維持されていきます。
水草が突然縮んでいるのは、トリミングして販売したり、差し戻したりしてるためです。


前々回記事 初期レイアウト 4月24日
これが初期レイアウトの最終形態。
b0142115_20301338.jpg


同日、第2段階レイアウトへと創造配植
b0142115_2031745.jpg


その4日後、4月28日
b0142115_20312420.jpg


流木の足もとに配置していた石を撤去し、流木の配置を変え、より構図を明確にしました。
この変更により流木の足もとがスッキリし、後部の植栽スペースを1.5倍に拡大、より多くの水草を育成できるようにしました。

↓↓↓ 続きはこちら

レイアウトの変遷を最後まで見る
[PR]

by natureaquarium | 2009-10-09 21:12 | AISレイアウト

アクアインテリア・スタジオ 閑話休題

地震のような暴風でした。皆さんのお宅で被害ありませんでしたでしょうか?
ウチでは、隣の家の雨どいが飛んできてました。

さて、本日は在りし日のアクアインテリア・スタジオ店内の各レイアウト水槽をご紹介します。
どれも私の製作したものでは無いのですが、お店に出入りしていた方に懐かしんでいただくため、そして行ったこと無い方には雰囲気を味わっていただくため公開いたします。

基本的に、ブログアップのために撮影したものでは無く、記録的に撮影したものを掲載してますので、あまり写真的には良くないものばかりです。


まずはじめに、店長M氏製作水槽。

b0142115_1916964.jpg


ちょっと屋外の光を反射して見えにくい画像になってますが、これはグリーンロタラがやたらと調子よかった水槽。

上からの様子。
b0142115_19184979.jpg


いずれも今年5月8日の様子。


もう一つは、店員I氏の水景。

b0142115_19194424.jpg


こちらも5月8日撮影です。
え~・・・・まぁいろいろと試行錯誤しながら維持されていたようです。
台風で倒壊しそうな木のような後景の流木が私は好きです。

生体専門のI氏でした・・・・水族館で働ける資格をお持ちとのことでしたので、飼育技術は高かったんだと思います。将来は自分の店を持ちたいとのことだったので、その内にまたお会いすることがあるかもしれませんね。


さて、店長の作品をもう一つ。
こちらはセット直後の様子。
b0142115_19243565.jpg


世界3大熱帯雨林をモチーフに、3つのレイアウトを制作する予定でした。
その一つ目、アジア水槽です。
意欲作でした。

3週間後の様子。
b0142115_19262850.jpg


アジアっぽさがあるかどうかは別にして、すごく清涼感のあるレイアウトで好感が持てます。

セット直後にレイアウト診断を頼まれたので、アドバイスしたのですが・・・全然受け入れてくれませんでした。

それなら聞くな!!

まぁでも、どういう反応するか聞きたかったのでしょう。

本気か社交辞令かどちらがいい?と聞いたら、「本気で」と言うので、怒濤のダメ出し。
自己防衛の壁を作ってしまったのでしょう。

さて、AISの店内には、この他にもレイアウト水槽がありました。
どうでもいいようなものもありましたが、もう一つ紹介を忘れてはいけないものがあります。

某有名ブロガーさんがレイアウトしている水槽です。

それがこちら。
5月8日の様子。
b0142115_19333394.jpg


しばらくしてから、この水槽の管理はショップが行うようになり、休業直前にはだいたいこのような様子でした。

b0142115_19343235.jpg


写真で見る以上に、調子の良いキレイな水景でした。


さて、私がレイアウトした水槽は、こんな感じで水草が繁茂してくると・・・・
b0142115_19433567.jpg



バチコンとカットして、鉛巻きにて販売。
b0142115_1944698.jpg


頂芽付近の状態のいい水草を、1ヶ200円で販売していました。

かなりお買い得だと思いますし、購買意欲をそそられると思います。




今更ながら惜しい店を無くしました・・・・ポチッとな!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


<<閲覧上の注意:タイトルロゴがすべて表示されていない場合、本文中の画像が正しく表示されない場合があります>>



新規リンク募集中!! 初心者熱烈歓迎!! ただしヤケドの可能性アリ・・・。


b0142115_16561218.jpg <copyrighted by ANL>
[PR]

by natureaquarium | 2009-10-08 19:46 | AISレイアウト

アクアインテリアスタジオ・レイアウト Vol.2

アクアインテリア・スタジオでのレイアウトの続きです。

今回ご紹介は、第1日目~13日目までの様子。

レイアウト決行は4月11日でした。
レイアウト日までにやっておいてもらったことは、底床を2~3cm程度残して撤去し、撤去したソイルを天日で乾かしてもらうということでした。まだセットして半年程度ということで、ソイルをリサイクル利用します。

その他、ライトの増設も。

現場へ到着。

b0142115_19211386.jpg


古い底床があります。
この状態で直前まで水を回していました。底床内バクテリアを保護するためです。
この古い底床を最下層として、重ねるように底床をセットし、元から存在している底床内のバクテリアを無駄にせず新規セットのような底床を作ります。

水槽サイズが120×45×60のハイタイプなので、ライトを3灯にしてもらいました。
場合によっては、少々オーバースペックかもしれませんが、大は小を兼ねるで管理してもらいます。
水草を最高の状態で販売するためです。


古い底床の上に、少々のパワーサンドを敷き、ペナック、バクター100、クリアスーパーなど、おなじみの添加剤をふりかけます。
b0142115_19275227.jpg


この上に、園芸ネットをかぶせます。
これはショップの販売水槽ということで、何度も抜き差しできるようにするためです。

ネットの上に、あらかじめ乾かしていた古いソイルを敷き、その上に新しいソイルをかぶせます。
それぞれ3cmずつぐらいです。
レイアウト時の盛り土などは、乾かした古いソイルを使用します。

b0142115_19332035.jpg


これで底床は、古いソイルをリサイクルしながら新規セットと同様の根張りが期待できる底床になっています。

次にレイアウトですが・・・その前に、濾過槽をセットし直します。

でっかい最新式のエーハイムを2基セットしていたようですが、全然透明感のない水でした。

それで、1基は生物濾過用にそのまま使用し、もう1基の濾材内容を物理濾過と化学濾過に切り替えます。
将来的には、そのまま使用している生物濾過槽の1基だけにします。
物理&化学濾過槽を撤去するメドは1ヶ月先に設定しました。

このときに配管なども全て変更しました。

ここまでの作業で、かなり時間をオーバーしているにもかかわらず・・・・ちょっと脱線して、斬新な石組レイアウトできないかと石組講座しながら遊んでしまいました。

b0142115_19395098.jpg


ちょっとおやつタイムになりまして・・・休憩。


そしてレイアウト。

b0142115_1947040.jpg


レイアウトの仮組。

後景に広く植栽スペースを設け、活着流木なども取り出して販売しやすいようにほぼ置いてあるだけのような配置にしています。
実は、レイアウト素材の石なんかも販売することを前提にしています。
レイアウト水槽内の石やら流木やらを買えるシステムです。


一番長い棒っきれ流木だけは、深めに突き刺してます。邪魔なほど長いです。
これ使えというご命令でしたので・・・。

水草を植栽します。
植栽直後の様子。

b0142115_1950778.jpg






3日後の様子。

b0142115_1951913.jpg


水もスッキリしました。
新品ソイルと濾過槽内の活性炭の吸着効果が大きいと思いますが、リニューアル前よりクリア感が出たのでひとまず濾過槽のテコ入れは成功です。

このまま白濁することなく、濾材を調整しながら維持していきます。



そして、13日後。
水草もかなり繁茂しました。
ここまでですでにトリミングしている水草もあります。

b0142115_20302167.jpg


トリミングしたものは、追植したり販売したりします。

育成しながら、販売。そしてレイアウトを完成へ・・・という流れです。



さて、今回ご紹介したレイアウトは、次のステップへの第1段階です。

正直なところ、底床や濾過槽周りの基礎工事に手間がかかり、レイアウトそのものに集中できませんでしたので、とりあえずまずは後景の有茎草の育成と活着ものの育成に重点を置いた水景にしています。

今後さらに進化させていきます。






このような展示水槽をご所望のショップさんは、コメ入れてください・・・・なんちゃって~ポチッとな!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


<<閲覧上の注意:タイトルロゴがすべて表示されていない場合、本文中の画像が正しく表示されない場合があります>>


新規リンク募集中!! 初心者熱烈歓迎!! ただしヤケドの可能性アリ・・・。


b0142115_16561218.jpg <copyrighted by ANL>
[PR]

by natureaquarium | 2009-10-06 20:47 | AISレイアウト

アクアインテリアスタジオ・レイアウト

先日、9月18日付をもって休業に入りました兵庫県西宮の「アクアインテリアスタジオ」。

在りし日のアクアインテリアシステム・・・じゃない、アクアインテリアスタジオ。
アクアインテリア・グリーンでもありません。ややこしや~
b0142115_19123868.jpg



皆さんの中には、休業がいつまでなんだ?という疑問の声もあるでしょう。
今日は開いてるんじゃないかと店の前に立った方もおられるでしょう。

残念ながら「アクアインテリアスタジオ」は、事実上の閉店のようです。
(但し、私はただの客で、オーナーでも関係者でもないので、推測に過ぎません。)

このショップは、建物の雰囲気、店内の雰囲気、品揃え、接客など、あらゆる面においてワクワク感が醸し出されていたお店でした。
閉店は非常に残念であり、最近のアクア関係の買い物はこのショップに頼っていたので、私としてはアクアライフに少なからず影響が出てしまいます。

開店1年での、急な閉店・・・なぜ??
その詮索はさておいて、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、このショップのメイン展示水槽を私がレイアウトし、プロデュースしておりました。

その水槽の様子を、数回にわたり時系列的にご紹介しようと思います。


では、まずは私が手を入れる前の水槽の様子をご紹介します。

ショップの目玉となるべき、メイン展示水槽です。

それがこちら。
b0142115_19324866.jpg


私、正直この水槽を見て、「あ、ええやん・・・もう弄らんでええやん」と思いました。
真ん中の大きな流木の存在に助けられている感はあるものの、まぁショップの水槽としてはスケール感があっていいのでは・・と。

で、実際に見たときも、店長に「これホンマに弄るのん?このままでええんちゃうのん?」と言いました。

しかしまぁ、せっかくなのでぇ~と店の人が引き下がらないので、とりあえず引き受けたんですが・・・・。


この水槽のレイアウトには、とんでもないコンセプトと制限、そして悲しい現状がありました。

自由に店にある物使って、無いものは取り寄せて、底床入れ替えて新規リセット~みたいな素敵な条件ではありませんでした。

展示水槽とは名ばかりで、実際は育成水槽にしたいということです。
ショップで一番設備が整っていて、水草が生長し易いであろう水槽なので、水草を殖やして販売したいということだったんです。それでなおかつレイアウト水槽のようにキレイにしたい・・・欲張りな。


一番設備が良い???・・・・実は、それが見てみると機材不足とセット不良で、とても条件が整っている状態ではありませんでした。
オマケに水は白濁して、スッキリしていません。
それで、とりあえずは水作りからということで、濾過システムの見直しをしました。
そして、水草を状態良く育成するためのライトの増設をお願いしました。
吸排水ホースの取り回しやCO2機器のセッティングなども全て見直しました。

この時点で、すでにレイアウトをパパッとしてお茶の子さいさいで仕上がり~みたいな状況からは大きく逸脱しています。
徹底的に根本からテコ入れしていかなければならない様子でした。


一番の難関は底床でした。
全てを入れ替える予算的余裕がないので、できれば使い回しで・・・・と、それでは水草を育てて販売用にするまでにはできないので、一部新しいソイルやパワーサンドを使えるように検討してもらいました。

そして、レイアウト素材・・・。

b0142115_1945686.jpg


b0142115_19452222.jpg


b0142115_19453335.jpg


b0142115_19454534.jpg


罰ゲームかい!!

必要以上に長い杖のような流木と何の特徴もないゴロンとした流木。

以上です。

流木の種類が違うので、色合いも全く違います。
これでどうしろと・・・・ということで、石を使わせてもらうことにしました。
石は何でも使ってもいいということになりました。


水草は、以下のような物があるとのことで・・・・

b0142115_1950880.jpg


b0142115_19502483.jpg


b0142115_19503749.jpg



さて、皆さんならどうしますか?

底床は基本的に使い回し、濾過は半年以上水を回しているのにできあがってません。
なおかつレイアウト素材は棒っきれと売れ残りのゲンコツ流木。
かろうじて石はなんでも使えます。

レイアウトコンセプトは、ショップの目玉となるネイチャーアクアリウム的なレイアウトを施された展示水槽でありながら、切り売りのできる販売水槽、そしてあわよくばコンテストへ出品できるレベルで・・・。

さてどうする??

<つづく>  注:記事中の画像は元店長M氏の写真も多数使用しています。



ハードルの高さが眠っていたアクア魂を呼び醒まします・・・・・ポチッとな!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


<<閲覧上の注意:タイトルロゴがすべて表示されていない場合、本文中の画像が正しく表示されない場合があります>>



新規リンク募集中!! 初心者熱烈歓迎!! ただしヤケドの可能性アリ・・・。


b0142115_16561218.jpg <copyrighted by ANL>
[PR]

by natureaquarium | 2009-10-02 20:19 | AISレイアウト